室内でペットを飼っている方も多いですが、悩みの1つにペットの排泄物臭やペット自体の体臭があげられます。

 

トイレのしつけをしっかりしても粗相をしてしまったり、思いがけず食べたものを戻してしまって慌てたなんて言う経験もあるのではないでしょうか?

 

水でしっかり拭き取ったつもりでも後々臭い始めてから消臭するのはかなり難しい臭い問題。

 

やってしまったらすぐに的確に処理をしなければ臭いはどんどんひどくなってしまいます。

 

カンファペットは高い消臭力と安全性で人気の商品ですが、果たして本当に安全なのか成分も含め調べてみました。

 

■カンファペットの安全性は?■

カンファペットは本当にペットに安全な消臭剤なの?成分や安全性をチェック

 

以前、知名度のある除菌消臭スプレーが体に悪いと評判になった事がありました。

 

人間よりももっと小さな体のペット達にはその影響がダイレクトに現れます。

 

ペット個体の体の大きさにもよりますが、ウサギやハムスターなど小型のペットのゲージに他の消臭剤を使用したところ、ぐったりしてしまったなどの書き込みも見られました。

 

カンファペットの口コミを見ても、そのようにペットが体調を崩したと言う書き込みは見られませんでした。

 

公式ホームページでは、消臭剤として使用できる他、目や耳、お尻などのお手入れに使えると言うことです。

 

体に直接付けたとしても安全で安心な消臭剤である事が書かれています。

 

体に直接つけても良い成分なのですから、消臭剤として絨毯や飼育ケージの消毒に使っても問題は無いと言えます。

 

■カンファペットが安心な訳は?■

 

カンファペットの成分の中に「次亜塩素酸ナトリウム」が入っています。家庭によくあるキッチンハイターの成分です。

 

使用された方も多いと思いますが、ツンとした刺激臭で、手に付くとヌルヌルし、素早く洗い流してもその後手がとても乾燥します。

 

キッチンハイターは強アルカリ性で、消毒効果は非常に高いですが、人体やペットには刺激が強く、とてもそのままでは使えません。

 

強アルカリに酸性剤を混ぜ中和できればその刺激と危険はなくなり安全に除菌消臭できる成分になります。

 

しかしハイターの注意書きにもあるように混ぜると有毒ガスが発生するので今まで中和は不可能と言われていました。

 

しかし、カンファペットはその特殊な技術により中和を可能にし、安心で安全な除菌消臭剤として生まれました。

 

その混和技術は東京都に評価され表彰を受けた信頼性の高いものです。
ですから、ペットにも安心して使えると人気を得ています。

 

公式サイトはこちら!

カンファペット

http://pethealth.jp/